conf t

インフラエンジニアのメモ

GNS3 1.2.3 の使い方

昔とGNS3の使い方が変わってたのでメモ

ログイン必須
gns3のダウンロード(ver1.1) 2014年11月現在の方法 - conf t
ちょっと前にも書きましたが、ダウンロードにユーザ登録が必要になりました。

見た目が変わった
f:id:monaski:20150329230404j:plain ウィンドウが黒になって格好良くなっている

VPCなるものが出来た
最近あまり触ってなかったので昔からあったのかもしれませんが、
VPCという端末が設置できる。
前はmicrocore linuxなど自分で用意する必要があった気がします。
簡単な疎通確認ならこれで十分そうです。
ipアドレスを付与してpingやtraceができます。
ヘルプは?

ipアドレスの付与

ip 192.168.1.10/24 192.168.1.1

ipアドレス192.168.1.1、サブネットマスク/24、デフォルトゲートウェイ192.168.1.1の場合)

idlepc idlemax /all 100が出来なくなっている?
cpu使用率高騰を防ぐためにgns3のコンソールでつかえた上記コマンドが効かなくなっている。
ルータ右クリック→configurationの中でidlemaxの項目があるので、そこで設定できます。
ルータ右クリック→idle-PCで計算させて、*が付いた値を選択する前提。これをしないと
idlemaxを低くしても効果がないので注意

gns3のコンソールはhelpで各コマンドのヘルプが出ます。
どのコマンドもクリックなどのGUI操作でできるので使う機会はない気がしますが
debugは使うかな?debug 1でデバッグレベルが上がるらしいけど。

広告を非表示にする