conf t

インフラエンジニアのメモ

Windows10 ESXi5.1にインストール

 

ESXi5.1にWindows10をインストールします。

 

ESXi稼働中のマシンにはDVDドライブがないので、外付けドライブを利用します。

(外付けドライブを使わなくてもデータストアにisoをアップロードするか、起動後にローカルのisoをマウントすることもできます。)

外付けドライブを接続後、認識させるためにESXiを再起動します。

 

 

まずはWindows10用に新規仮想マシンを作成。

(OSの種類はWindows10がないため、Windows8 64bitを指定)

f:id:monaski:20141005202235j:plain

 

 

仮想マシン作成後、外付けドライブを接続しESXiを再起動。

 

起動後、設定の編集からSCSIデバイスを追加。

外付けドライブを認識させます。

USBコントローラではないので注意。

f:id:monaski:20141005202845j:plain

 

外付けドライブにあらかじめ焼いておいたWindows10のメディアを挿入。

仮想マシンを起動します。

言語の選択。プレビュー版は日本語がないので大人しく英語。

f:id:monaski:20141005203207j:plain

 

進んでいくと以下画面がでます。

Windowsの新規インストールなので下を選択。

f:id:monaski:20141005203832j:plain

 

インストールするドライブの選択。

特にいじらないでNextをクリック。

f:id:monaski:20141005204027j:plain

 

おまかせインストールか、カスタムインストールかの選択。

変な設定されるといやなのでカスタムで。

f:id:monaski:20141005204149j:plain

 

この後の選択項目はWindows8/8.1と同じだと思いますので割愛。

 

DHCPの設定がない環境でしたのでネットワークにつながらず

ローカルアカウントの作成を求められました。

検証用なのでむしろ好都合です。ローカルアカウントで作成。

f:id:monaski:20141005204259j:plain

 

以上にて完了。

インストールが完了するまで待機。

f:id:monaski:20141005204545j:plain

 

 

インストール完了。

f:id:monaski:20141005204605j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする