読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

conf t

インフラエンジニアのメモ

Ciscoでミラーポートの設定

Ciscoでミラーポートを試します。 CiscoではミラーポートのことをSPANと呼ぶそうです。 以下の構成を考えます。 R2のポートf1/0のミラーポートf1/10を作成し、キャプチャする。 R1 R1(config)#int fa 1/0 R1(config-if)#no switchport R1(config-if)#ip add …

GNS3 1.2.3 の使い方

昔とGNS3の使い方が変わってたのでメモ ログイン必須 gns3のダウンロード(ver1.1) 2014年11月現在の方法 - conf t ちょっと前にも書きましたが、ダウンロードにユーザ登録が必要になりました。 見た目が変わった ウィンドウが黒になって格好良くなっている V…

gns3のダウンロード(ver1.1) 2014年11月現在の方法

gns3のバージョンアップ(ver1.1へ)をしようと思ったら、ログインを求められました。 公式HPはユーザ登録をしないとダウンロードできないようになったようです。 1.まず右上のダウンロードボタンをクリック 2.すると動画が再生されます。 コミュニティ…

GNS3でCatalyst(スイッチ)を使う

GNS3ではCatalystのエミュレートはできません。 単純にスイッチの機能を使いたいだけなら GNS3に標準搭載されているイーサスイッチを利用します。 Catalystスイッチを使いたい場合は NM-16ESWモジュールを使います。 完全にCatalystスイッチと同じことができ…

VLANでGLBP

VLAN上でGLBPを使う場合どうすればよいのか一瞬わからなかったのですが 各VLANのSVIで通常通りGLBPを設定すればよいだけです。 DSW1 interface vlan 10 ip address 10.1.10.1 255.255.255.0 glbp 10 ip 10.1.10.254 glbp 10 priority 200 DSW2 interface vla…

EIGRP STUB スタブエリアの設定

EIGRPのスタブを勉強します。 スタブはクエリの送信を抑える目的で使われます。 スタブに設定されたルータへはクエリを送信しなくなります。 (クエリ:最適経路がダウンした際の、代替ルートの問い合わせ) ネットワークの行き止まりのルータをスタブに設定…

loopbackによるBGPネイバー接続

loopbackインタフェースはダウンしないため、 loopbackインタフェースに対してルーティングを設定する ことは効果的です。 経路を冗長化する場合も、ループバックインタフェースを 指定してルーティングします。 以下今回作成するネットワークです。 設定し…

BGP 基本的な設定

今日はBGPを学習します。 設定は本当に簡単なものだけです。 構成するネットワークは以下の通りです。 R1が属するAS 1と、R2が属するAS 2間で、BGPによる 経路情報交換を行います。 投入するコンフィグは以下の通りです。 今回は簡単なため私には珍しくすん…

ルート再配布(ルート再配送)とdistribute-list

ルート再配布は場合によっては非効率的なルーティングや ルーティングループを招きます。 今回は、distribute-listを用い、ルート再配布を最適化していきます。 ちなみにルート再配布ですが、日本語だと再配布と再配送が混在しているようです。 Ciscoのドキ…

アドバタイズ制限 distribute-list

今回はEIGRPのdistribute-listを学習します。 現在、下図のR1からR5はEIGRPで経路情報を交換しています。 ルータR1からR2へEIGRPで経路情報をアドバタイズするのですが、 10.1.2.0のセグメントは隠したいとします。 このようにアドバタイズを制限したいとき…

マルチエリアOSPF エリア分断(3)

前回(マルチエリアOSPF エリア分断(2) - conf t)の続き。 前回構成したネットワークを起動する。 とりあえずshow ip ospf neighborでDR, BDRを確認。 あれ、なんかおかしいぞ。 R3の結果だと、R1がDR R1の結果だと、R2がDR R2の結果だと、R6がDR なぜこんな…

マルチエリアOSPF エリア分断(2)

GNS3のCPU利用率を下げる。 .netファイルを編集 ルータのidlepcの下に idlemax = 100を追加 gns3画面下方のコンソールにて idlepc idlemax /all 10 さらに、idlepcの再計算 こんだけ減りました。昨日が100%近かったんだから、 四分の一くらいになりました。 …

マルチエリアOSPF エリア分断(1)

今回はマルチエリアOSPFの演習を行います。 中でも、同一エリア間の回線が遮断された時の動作について演習します。 某pingにて同じ問題があったので、実際に試してみたくなったわけです。 まず、ネットワークを構築する。 duplexが違うと怒られる。 以前に経…

ループバックインタフェースの設定によるDRの決定

OSPF ループバックインタフェースを設定してDRを変更する。 CCNAでやってんだろ、というツッコミもいただきそうだが しょせんCCNAなんてそんなもん。 初期状態。R1とR6はエリア0に所属しており、R1がDRである。 R1は192.20.0.2, R6は192.20.0.1 この状態から…